fc2ブログ

ヤマガラの森

標高500mほどの山中に緑したたる自然林の道を見つけました。道の横には川の跡が見えます。周辺の山の木が伐採されて水が涸れてしまったようです。ここに水が流れていれば――そう思いながら歩いていると、ヤマガラの鳴き声が聞こえてきました。

s-230829OM1_08wee.jpg
s-230829OM1_12w2ee.jpg
s-230830D500N_04NXD2ee.jpg
s-230830D500N_07NXD2ee.jpg上2枚 OM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm
下2枚 Nikon D500 + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

真夏のホオジロ

緑がまぶしい真夏の農耕地はホオジロのフィールドでもあります。撮影の機会はセッカよりも少ないですが、丈の高い草にとまるので見つけやすいです。背景がボケた写真を撮れるのもホオジロの良いところ。

s-230817OM1_10wee.jpg
s-230817OM1_08wee.jpg
s-230817OM1_16wee.jpg
s-230817OM1_14wee.jpgOM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

朝の河口で待つ鳥は

朝、河口で鳥を探していると見慣れぬサギを見つけました。アカガシラサギのようです。まだ幼鳥で警戒心が薄いのか、じりじりと距離を縮めても気にするそぶりは見せません。見通しのよい場所にもかかわらず、思いのほか近くで撮ることができました。

s-230825OM1_39ee.jpg
s-230825OM1_42ee.jpg
s-230825OM1_45ee.jpg
s-230825OM1_50wee.jpg
s-230825OM1_41ee.jpgOM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

浜辺のシロチドリⅡ

近くの浜にいるシロチドリはあまり人を恐れません。比較的撮りやすいのですが、このフィールドでは漂着ゴミとの闘いを強いられます。きれいな波打ち際にいるシロチドリをローポジションで撮影するのが当面の目標です。

s-230825OM1_06wee.jpg
s-230825OM1_20wee.jpg
s-230825OM1_12wee.jpg
s-230825OM1_24wee.jpg
s-230823OM1_33wee.jpgOM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

モーニング・セッカⅡ

朝、シギチ狙いで干潮の河口へ向かいます。しかし、潮位が高くて干潟が現れません。河口に隣接した草地を歩くとセッカがいました。本命のシギチにフラれてセッカに救われる。最近のお決まりのパターンです。

s-230823OM1_04wee.jpg
s-230823OM1_05w2ee.jpg
s-230823OM1_08wee.jpg
s-230823OM1_11wee.jpg
s-230823OM1_13wee.jpg
s-230823OM1_17w2ee.jpg
s-230823OM1_23wee.jpgOM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

浜辺のシロチドリ

海で野鳥を撮るときは潮見表が欠かせません。今週は涼しい朝の時間帯が干潮なので撮影のチャンスです。近くの浜辺に行くと、先週見かけたシロチドリの群れがいました。鳥たちの様子を窺いながら慎重に距離を縮めていきます。

s-230822OM1_10w2ee.jpg 
s-230822OM1_16wee.jpg
s-230822OM1_02wee.jpg
s-230822OM1_19w2ee.jpg
s-230822OM1_25wee.jpgOM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

モーニング・セッカ

農耕地で見かけたセッカにまた会いたくなりました。素朴な癒し系というか、撮る者の気持ちをほっこりさせる不思議な鳥です。朝一でセッカを撮影すると、穏やかな気分で1日を始められそうな気がします。

s-230817OM1_17wee.jpg
s-230817OM1_19wee.jpg
s-230817OM1_25wee.jpg
s-230817OM1_31wee.jpg
s-230817OM1_34wee.jpg
s-230817OM1_38wee.jpgOM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

波打ち際で鳥探し

田んぼでのシギチ探しは空振りに終わりました。稲が大きく育って視界が効かなかったり、すでに刈り取り済みだったりと探鳥には遅いタイミングでした。翌日は気分を変えて海へ向かいます。波打ち際を歩いていると、前方にシロチドリの群れを見つけました。

s-230814OM1_07wee.jpg
s-230814OM1_12w2ee.jpg
s-230814OM1_16w2ee.jpg
s-230814OM1_20wee.jpg
s-230814OM1_23wee.jpgOM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm

5月頃、この浜辺で営巣中と思われるシロチドリを見かけました。今日の群れはその雛たちが無事に成長した姿かもしれないと思いました。

探鳥も夏休み

沖縄での昨年7月の野鳥撮影日数は20日。週5日は出かけていた計算になります。海ではアジサシ、山ではヤンバルクイナを撮っていました。

鹿児島では猛暑&鳥枯れでモチベーションが低下し、7月は一度も野鳥撮影に行きませんでした。霧島の高原まで足を延ばせば何かしら撮れそうですが、自宅からは距離があるので気軽には行けません。

その猛暑の夏も8月半ばとなり、シギチの渡りの季節がめぐってきました。早朝、シギチを求めて水田地帯を歩きます。訪れたフィールドにその姿はなく、かわりにフレンドリーなセッカが被写体になってくれました。

s-230813OM1_03wee.jpg
s-230813OM1_09wee.jpg
s-230813OM1_14wee.jpg
s-230813OM1_23wee.jpg
s-230813OM1_29wee.jpgOM SYSTEM OM-1 + LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm